突然のむし歯と歯科の適切な処置法

これは私がむし歯になった時に、自宅近くにある歯科医に歯を直してもらった時のことについて書いています。

突然のむし歯と歯科の適切な処置法

むし歯になり歯科医に通って対処した時の話

ある日の朝に目覚めてみると、どうも上の奥歯のあたりにどうも不愉快な痛みを感じました。
実はこの上あごの奥歯の痛みは、前々からどうも不愉快な痛みがすることがあって、少々気にはなっていました。
しかもその当時は歯を磨くということをおろそかにしていたため、虫歯ではないかと疑いました。
またこの不愉快な痛みは日に日に悪化して来ているようだったので、ある日に一回歯科医にその痛んでいる部分の歯を見てもらおうと思い、自宅近くにある歯医者へ診察の予約をすることになりました。

そしてその歯医者さんのところへ電話をかけて、歯が痛むという趣旨の内容を伝えると、都合の良い日を尋ねられたので、その都合の良い日にその歯医者へ訪れることになりました。
それでその当日にその歯医者さんに訪れ、自分の歯を診てもらうことになりました。
最初に痛んでいる箇所についての歯の部分であったり、痛みの度合いであったりの質問があり、それから具体的に原因を診察するということで、レントゲンを取ることになりました。
するとどうやらむし歯があるらしく、同時に歯周病であるということも宣告されました。

どうやら歯を抜かなければならないところまで虫歯は進行していたらしく、その歯を抜くことになりました手術は正直痛い時もありましたが、医師の方が丁寧に対応して下さり、説明などもきっちりしてもらえたのでそれなりに信用できましたし、安心して手術に望むことができました。
あとから聞くとそこは地元でも評判の良いところだったそうで、たまたま自宅近くにそういった歯医者があって運が良かったと思います。

PR情報

Copyright (C)2017突然のむし歯と歯科の適切な処置法.All rights reserved.