突然のむし歯と歯科の適切な処置法

歯科ではハミガキ習慣を指導し、それはむし歯を予防することに大きくつながります。歯周病にも効果的です。

突然のむし歯と歯科の適切な処置法

歯科医の教えるむし歯の予防法

美味しいもの、甘いお菓子大好き、でもハミガキは面倒だなー、と思うのは皆同じ。
でも食べた後にはきちんとハミガキをして、むし歯を予防することはとても大切です。
歯科では小さい時からのハミガキの習慣づけを大切に考えています、きちんとした大人になるためのしつけとしてとても大事です。
食べた後にはすぐハミガキをする、このくせがついてしまえば、それは一生の宝物になるといっても過言ではありません。そして、乳歯の頃に虫歯菌を親から貰ってしまう事から、人はむし歯になると言います。
ですから、大人が使ったスプーンで子供に食べ物をあげるという、一見普通のことが意外な落とし穴であったりするのです。

小さい時からきちんとハミガキをしていたから、むし歯になりづらいということも一概には言えません。というのは、年齢とともに体質が変わる共に歯にも同じことが言えること、女性であれば妊娠・出産を境に歯が弱くなることは昔からよく知られているところですが、今までと同じようにハミガキをしてケアをしていてもむし歯になりやすくなる事も、不思議なことではありません。

だんだん年をとってくると、今度はむし歯だけではなくて歯周病にも大いに気をつけなければなりません。歯が痛いなと思って歯科に行くと、むし歯はありませんねと言われることがあります。
その時は、たいてい歯茎の炎症で歯が痛く感じることもあります。
ここでもハミガキが重要になってきて、上手に磨ける人は歯茎もマッサージしているため、歯周病にもなりにくいので健康な歯を保っていくことにもつながるのです。

PR情報

Copyright (C)2017突然のむし歯と歯科の適切な処置法.All rights reserved.