突然のむし歯と歯科の適切な処置法

痛みがなくてもむし歯になっていることもあります。そこで定期的に歯科に行って検査をしてもらうことがおすすめです。

突然のむし歯と歯科の適切な処置法

痛みがなくてもむし歯があるので歯科へ

私は5年前に歯の痛みもまったくなかったので歯科にずっと行っていませんでした。
そこでむし歯はないものだと思っていたのです。
歯が痛くなればむし歯があるだろうと思って行くのですが、歯が痛くないと平気なので歯科に行かないのです。

しかしずっと歯の検査をしてもらっていなかったので気になってはいました。
歯石などたまってきているから歯のケアをしてもらった方がいいと思って歯医者に行くことにしたのです。
その時まではむし歯がないと思っていました。

そこで行ってみたら、驚きました。
むし歯が1本ありますと言われたのです。
まったく痛みも何もなかったのですが、むし歯があるのです。
そんな場合もあるので定期的な検査が必要なんだなって思いました。
やはり歯を見てもらうことは大事なことだと思ったのです。
大人になると歯の検査をすることがありません。子供は学校で歯の検査をしてもらえますが、大人は自分で行かないと検査をしてもらえないのです。
そこでしっかり歯の検査をしてもらったのです。

痛みがあってからではひどいむし歯になっていることが多いのです。
これからだんだん年をとってくれば大変になってきます。
だから歯の検査を毎年決まって受けるようにした方がいいと思いました。
そしてむし歯にならないためにもしっかり毎日歯磨きをすることが大事だと思います。
歯並びが悪い人は歯間ブラシや糸ようじなどを使って丁寧に汚れを落とすことが大事だと思います。
是非きれいな歯にしましょう。

PR情報

Copyright (C)2017突然のむし歯と歯科の適切な処置法.All rights reserved.