突然のむし歯と歯科の適切な処置法

歯科医でむし歯治療といえば痛くて辛いイメージです。定期健診を受けていればむし歯は早期発見できて治療も簡単です。

突然のむし歯と歯科の適切な処置法

歯科医のむし歯治療はまず予防から

歯科医といえばまず思い浮かぶのがむし歯治療です。
小さい頃から歯医者はむし歯を治療するところ、というイメージがあり、子ども心に痛みがともなう怖いところでした。

しかし、歯科医はむし歯だけでなく歯周病、歯列矯正、最近ではホワイトニングなど、さまざまな治療を行っています。
現に私は歯列矯正を行っているところです。
また、むし歯予防だけでなく歯周病予防でも歯磨きの指導があったりします。
歯科医専門のハブラシや口内洗浄剤もあります。
また最近ではむし歯は治療はまず予防から、とう考え方へと変わってきているため、歯垢をとる歯のクリーニングや歯磨き指導などもよく行われています。
治療の前に歯のクリーニングが行われることも今では一般的です。
治療のありかたが変わってきているということでしょう。

私は自分が子どもの頃は歯医者でつらい思いをした経験から自分の子どもにはむし歯を作らせたくないと思っていました。
もともとジュースなど甘い飲み物はあまり飲まない子だったのでむし歯はなく、唯一それだけが自慢の娘でした。

しかし高校に進学してからは忙しくなって生活も不規則になり、さすがにむし歯ができてしまいました。
だんだん親の目がとどかなくなるので仕方のないことだとは思います。
ただ、小さい頃から続けている定期健診だけは行かせるようにしています。
むし歯予防はなんといっても定期健診が大事だからです。
定期健診おかげで娘の場合もむし歯が早期発見できたので治療も痛みがなく簡単に済んだようです。

PR情報

Copyright (C)2017突然のむし歯と歯科の適切な処置法.All rights reserved.