突然のむし歯と歯科の適切な処置法

むし歯も嫌なものですが、歯科医師さんが気難しかったり、怖い人だともっと嫌なものですね。あと、治療費が高い事も。

突然のむし歯と歯科の適切な処置法

歯科とむし歯について考える

歯医者さんと聞くとどんなイメージがわくでしょうか。
やはり怖いというイメージがあります。
むし歯になるたびに、「歯医者にいかなきゃいけないのか、嫌だな」とおもうものですね。歯医者さんがいい人だったり、腕がよい先生だったらよいのですが、中には気難しい人もいたりしますし、治療が終った後に高額な治療代をとられる事もあります。
そのため、歯医者さんは普通のお医者様より敬遠されがちです。

私ごとになりますが、私はあまり歯が丈夫なほうではありません。ですから、子供の頃からむし歯に悩まされてきました。
そのたびに歯医者さん(いわゆる歯科医)に歯を診てもらったことがあります。
私はこれまでの人生で、4人の歯医者さんに診てもらいました。
(私は杉並、練馬、西東京市と3度引越しをしたため、歯科医を引っ越すたびに変えていたのです。
ちなみに4人目は私の従兄弟です。
)

一人目の先生は、ちょっと怖い先生でした。
しかも先生は麻酔を使わない方針の先生だったので、歯を削る時、激痛が走ります。
当時子供だった私は治療の途中で泣きながら、病院から抜け出した経験があります。
二人目の先生はご年配の方でした。
この先生は私が中学の時にお世話になりました。
私にはよくしてもらいましたが、気難しい一面もあり、気に入らない客だと、「帰れ!」といって治療をしてくれない事もあったようです。
良くも悪くも職人気質な方でした。
が、治療はとてもうまく、治療の時もほとんど痛みを感じませんでした。
しかも治療代も安くて助かりました。
この先生には私が大学に行くまでお世話になりました。
そして私が大学の時に練馬に引越し、先生も近所にいる先生に診てもらいました。
この先生は子供が好きな先生だけあって、優しい人でした。
治療も本当に熱心に診てくれました。
ただ、その分治療費はかかったかも。4人目は私の従兄弟です。
身内だけにやりにくいというか、恥ずかしい気もするのですが、熱心に診てくれるので助かります。
いづれにせよ、歯医者にはかかりたくないものです。
私も歯医者にいかなくても済むように、歯磨きを念入りに行ったりしております。

PR情報

Copyright (C)2017突然のむし歯と歯科の適切な処置法.All rights reserved.